CAR-Tを知る

監修:北海道大学病院 血液内科 豊嶋 崇徳 先生
京都大学医学部附属病院 小児科 平松 英文 先生

がんと免疫の関係

私たちの生活圏には、細菌やウイルスなどの病原体が無数にあり、体の中に侵入してきます。また、体の中では、さまざまな部位でがんのもとになる異常細胞が発生することもあります。私たちの体内では免疫により、体の中を常に監視し、このような病原体やがん細胞など、本来、体の中にあるべきでないものを見つけると、攻撃して排除します。
顆粒球、リンパ球、単球などの白血球が、免疫機能の中心的な役割を果たし、リンパ球には、T細胞、B細胞などの種類があります。このうちT細胞は、樹状細胞(じゅじょうさいぼう)など他の血球の協力によりがん細胞を見つけて、攻撃をしかけます。
しかし、がん細胞の中には、免疫のしくみから逃れる術を持っているものもあり、通常の免疫機能だけではがん細胞を完全に死滅させることができない場合があります。がんの発症はこうした場合に起こると考えられています。

がんと免疫の関係

CAR-T療法とは

CAR-T療法は、通常の免疫機能だけでは完全に死滅させることが難しい難治性のがんに対する治療法として開発されました。
患者さん自身のT細胞を取り出し、遺伝子医療の技術を用いてCARと呼ばれる特殊なたんぱく質を作り出すことができるように改変します。CARは、B細胞がんへの攻撃性を高めるように設計されており、CARを作り出すことができるようになったT細胞をCAR-T細胞と呼びます。このCAR-T細胞を患者さんに投与することにより、難治性のがんを治療するのがCAR-T療法です。

CAR-T療法とは

抗体医薬品とCAR-T療法の違い

がん細胞に特有のたんぱく質に結合する抗体を医薬品として開発したものが抗体医薬(こうたいいやく)です。抗体医薬は、がん細胞を認識して結合することでがん細胞の働きを止めたり、体内の免疫細胞からの攻撃を受けやすくさせることでがん細胞を死滅させます。
これに対し、CAR-T療法では、T細胞⾃⾝ががん細胞に特有のたんぱく質を認識できるように改良されており、CAR-T細胞が直接がん細胞を攻撃します。

抗体医薬品とCAR-T療法の違い 抗体医薬品とCAR-T療法の違い

よくわかるCAR-T療法

TOPへ戻る

TOPへ戻る

あなたは現在、弊社製品
(キムリア®点滴静注)の
治療を受けている患者さま、
またはそのご家族ですか?