キムリアの治療について

監修:北海道大学病院 血液内科 豊嶋 崇徳 先生
京都大学医学部附属病院 小児科 平松 英文 先生

キムリアの治療対象となる患者さん

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)

キムリアの治療対象となるのは、CD19抗原が陽性であることが確かめられてDLBCLと診断され、以下のいずれかに該当し、かつ⾃家造⾎幹細胞移植を受けることができない、または⾃家造⾎幹細胞移植後に再発した患者さんです。

  • 初発の場合は2回以上、再発の場合は再発後に1回以上の化学療法を受けたものの、完全(かんぜん)奏効(そうこう)が得られなかった、または完全奏効が得られたが再発した
  • 濾胞性(ろほうせい)リンパ腫が形質(けいしつ)転換(てんかん)した患者さんで、通算2回以上、形質転換後に1回以上の化学療法を受けたが、形質転換後の化学療法により完全奏効が得られなかった、または完全奏効が得られたが再発した
キムリアの治療を慎重に検討する必要がある患者さん

次のような患者さんは、キムリアによる治療が受けられないことがあります。
該当する方は、主治医とご相談ください。

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある患者さん
  • 授乳中の患者さん
  • 感染症を合併している患者さん
  • 高齢者
  • キムリアの成分に対して過敏症を示したことがある患者さん
  • キムリアの投与前の時点で、DLBCLの進行や抗がん剤治療による副作用などにより、健康状態がよくない患者さん

B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)

キムリアの治療対象となるのは、治療を受けるときに25歳以下で、CD19抗原が陽性であることが確かめられてB-ALLと診断され、以下のいずれかに該当する患者さんです。

  • 初発の場合、標準的な化学療法を2回以上受けたものの、寛解(かんかい)が得られなかった
  • 再発の場合、化学療法を1回以上受けたものの、寛解が得られなかった
  • 同種造⾎幹細胞移植を受けることができない、または同種造⾎幹細胞移植後に再発した
B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)
キムリアの治療を慎重に検討する必要がある患者さん

次のような患者さんは、キムリアによる治療が受けられないことがあります。
該当する方は、主治医とご相談ください。

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある患者さん
  • 授乳中の患者さん
  • 感染症を合併している患者さん
  • 低出生体重児、新⽣児、乳児
  • キムリアの成分に対して過敏症を示したことがある患者さん
  • キムリアの投与前の時点で、白血病の進行や抗がん剤治療による副作用などにより、健康状態がよくない患者さん

TOPへ戻る

TOPへ戻る