キムリアの作用機序

作用機序

  1. キムリアは、CD19を標的としたCAR-T療法です。
  2. キムリアは、CD19陽性のB細胞に対して特異的に細胞傷害活性を示し、抗腫瘍効果を発揮します。
  3. キムリアは、CD19抗原結合ドメイン、4-1BB共刺激ドメイン、TCRζ(CD3ζ)ドメインから構成されるCARを用いています。

作用機序 拡大 作用機序

  1. A. CD19抗原結合ドメイン:B細胞性腫瘍細胞の細胞表面上のCD19抗原を認識
  2. B. 4-1BB共刺激ドメイン:T細胞の増殖と持続性を増強
  3. C. TCRζ(CD3ζ)ドメイン:T細胞の活性化と抗腫瘍効果を誘導

Milone, MC. et al.:Mol. Ther. 17, 1453, 2009
Zhang, H. et al.:J. Immunol. 179, 4910, 2007
Kalos, M. et al.:Sci. Transl. Med. 3, 95ra73, 2011

キムリアの作用機序ならびに製造プロセス概略について動画でご紹介します。

DRʼs Net動画ページへ

TOPへ戻る

あなたは、
医療関係者ですか?

重要なご利用上の注意です。必ずお読みください。

このホームページでは、ノバルティス ファーマ株式会社が販売する再生医療等製品を適正にご使用いただくため、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などの医療関係者の方を対象に、主として弊社再生医療等製品に関する情報を提供いたします。
医療関係者の方々のみご利用いただくためのページです。
このホームページで提供する情報は日本国内向けに作成されたものであり、国内での使用に限定するものです。
緊急安全性情報などの重要事項に関する掲載情報は、速報性を重視しておりますので、その詳細等につきましては弊社医薬情報担当者を通じて情報提供させていただきます。

なお、サイトご利用規約をご熟読の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。