キムリアの作用機序

作用機序

  1. キムリアは、CD19を標的としたCAR-T療法です。
  2. キムリアは、CD19陽性のB細胞に対して特異的に細胞傷害活性を示し、抗腫瘍効果を発揮します。
  3. キムリアは、CD19抗原結合ドメイン、4-1BB共刺激ドメイン、TCRζ(CD3ζ)ドメインから構成されるCARを用いています。

作用機序 拡大 作用機序

  1. A. CD19抗原結合ドメイン:B細胞性腫瘍細胞の細胞表面上のCD19抗原を認識
  2. B. 4-1BB共刺激ドメイン:T細胞の増殖と持続性を増強
  3. C. TCRζ(CD3ζ)ドメイン:T細胞の活性化と抗腫瘍効果を誘導

Milone, MC. et al.:Mol. Ther. 17, 1453, 2009
Zhang, H. et al.:J. Immunol. 179, 4910, 2007
Kalos, M. et al.:Sci. Transl. Med. 3, 95ra73, 2011

キムリアの作用機序ならびに製造プロセス概略について動画でご紹介します。

DRʼs Net動画ページへ

TOPへ戻る