治療の実際

リンパ球除去化学療法(治療施設で実施します)

  • キムリアの投与前に、キムリアの効果が十分に発揮されるように体内のリンパ球を減らすための数日間の化学療法(リンパ球除去化学療法)が行われます。
  • 臨床試験では下記のレジメンが用いられました。

DLBCL 再発又は難治性のCD19陽性のDLBCL患者 DLBCL 再発又は難治性のCD19陽性のDLBCL患者

B-ALL 再発又は難治性のCD19陽性のB-ALL患者 B-ALL 再発又は難治性のCD19陽性のB-ALL患者

  • この間に、病状が悪化したり進行した場合、キムリアによる治療を受けられないことがあります。

TOPへ戻る

あなたは、
医療関係者ですか?

重要なご利用上の注意です。必ずお読みください。

このホームページでは、ノバルティス ファーマ株式会社が販売する再生医療等製品を適正にご使用いただくため、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などの医療関係者の方を対象に、主として弊社再生医療等製品に関する情報を提供いたします。
医療関係者の方々のみご利用いただくためのページです。
このホームページで提供する情報は日本国内向けに作成されたものであり、国内での使用に限定するものです。
緊急安全性情報などの重要事項に関する掲載情報は、速報性を重視しておりますので、その詳細等につきましては弊社医薬情報担当者を通じて情報提供させていただきます。

なお、サイトご利用規約をご熟読の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。